センター試験
2015年 センター試験の雑感
 僕のブログで予言していた内容がまた当たりました。
授業でもやった内容とかかなり。

 旧課程
オゾン、炭酸水素ナトリウム、ケイ素が的中ですね。
「先生がやって見せてくれた、男の過マンガン酸カリウム滴定を思い出して笑いそうになりました」と親衛隊からメールが来ました。
 二酸化硫黄と硫化水素もガチ!
クメン法も的中!!!

  新課程

 ゲルとゾル、イタリアのジェラートの話をしまくったのでまさにビンゴですね。

授業においても「ブリブリ・・・」とか「ブロンドの・・・」という語呂合わせを
やりましたが、まさに銅と錫の合金の青銅とかが銅と亜鉛の合金の黄銅とか出てて
「先生の語呂合わせを思い出して笑い出しそうになりました」との連絡がきました。

 二酸化硫黄と硫化水素もガチで的中!!!

バイルシュタイン試験で塩素の確認など、なかなかやるの〜。
エチレンからアセトアルデヒド製造のヘキストワッカー法も的中してるじゃないすか!!!

 今気づきましたが、この予言ブログで新課程と旧課程が逆になっていましたが、範囲からわかりますよね。
結晶格子も的中。面心立方格子!

 シクロデキストリンの計算も冬期講習のハイレベル総合化学の僕のプリントでやりました。まさにそれです!!!

 個人的には、世界史が熱かったです。
第一次大戦がフィーチャーされたり、軍隊の歴史!!!!熱すぎる!!!
なんといってもコレです!!!

 来年で戦車登場100周年です。
塹壕を掘って対峙し、膠着状態になった戦線を突破するためにイギリスの後の首相となるチャーチル海軍大臣の肝いりで、開発されました。
 最初の実用戦車 マーク鵯マザーはオス型とメス型がありました。
っていうかいつの間にか田宮がプラモ出していたとは!!!うかつだった!!!
しかも自走!対ニャジラ用に買うしかない!!!
 このコッテリ感!!!人類のエイトスとかカルマを感じます!!!
エンジンが内部にむき出しで、サスペンションもなく、エンジンの排気が充満し、
一酸化炭素中毒で死ぬ戦車兵と振動や衝撃で頭をぶつけて死ぬ戦車兵が多かった。
ヒッタイトの戦車はチャリオットで、馬車です。
第一次大戦で登場した現代の戦車とは違う!!!
 ヒッタイトがティーガー鵺とかJS−鶚スターリンとかT−80とか乗ってたら怖すぎる。

 戦車登場から100年。テクノロジーのすべてがつぎ込まれました。
 ロシアの最新戦車T90.
正面投影面積が小さく避弾経始がよい砲塔と大きなトルクのエンジン。
40t以上の大重量のくせに軽快さ、ネコみたいな機動性があります。ハンパなく速いです。
コンピューターで火器管制され、初弾必中です。第二次大戦のときのような戦車同士の打ち合い合戦はもうなくて、どちらが初弾を発射するかで決まります。
 弾丸の発射や天候などで長い砲身の金属に熱でソリや歪みが生じるので、それをセンサーが感知して弾道を修正します。自動装填装置で何十kgとかの砲弾を一瞬で無人装填。数秒で発射可能。
第二次大戦の時は装填手による人力でした。

 砲塔の両サイドにあるオービスのレーダーみたいなものは最大の敵の対戦車ヘリや攻撃機からの赤外線誘導のミサイルをかわすためのジャミング装置です。何とかシステム。名前を失念しました。最近物忘れが激しい・・・。
 ロシアのTシリーズは小顔系のおねいさんに通じるものがありますね。
毎回語っていますが(しつこい)小顔のおねいさんが萌えです。
 厚化粧のように砲塔からつきだしている多数の弁当箱のようなリアクティブアーマー(対戦車ロケットの成形炸薬弾を防ぐために、表面で爆発する装甲)を外すと本当に砲塔が小さいです。
 中1で初めて銀座で路駐していたフェラーリのテスタロッサを見たとき、低い車高に幅広い感じがT72戦車に見えて、俺の乗るクルマはコレだ!と直感して大志をいだきました。
 この小顔系の対極に、昔よく合コンに来ていた、コッテリ系があります。
ナチスドイツにとりいった天才ポルシェ博士が設計した巨大戦車マウス!!!
合コンに来てたのこんなんばっかよ(泣)。
 重量が200tですよ!石橋とか渡れないから潜水装置がついていた。
ってそんな努力しないで橋渡れるように軽量化しろよ!!!
 2両だけが作られました。ドイツ人の執念!ちなみにプリウスの70年前をいく
ハイブリッドカーです。


 そういえば年末に小田原のダイナシティのワーナーシネマに映画”フューリー”行ってきました。ブラッドピット主演すよ!
 フューリーはそのうちこのブログで熱く語ろうかと思います。

あとこれですね!

 第九の日本での初演が行われたのはなんと大正時代、徳島県板東にあった第一次大戦のチンタオ攻略で捕虜になったドイツ人捕虜収容所です。
 この映画がよく出来ています。何回見ても泣ける映画です。
最近安倍政権のもとで、狭隘なナショナリスト、ヘイトスピーチが喧しいですが、そういった問題に一石を投じる映画です。
 かつて哲学者サルトルが語ったように、まさに戦争で「貧乏人が死んで、金持ちが肥え太る」という本質。
 
 ドイツ青島総督役のブルーノガンツといえば、映画”ヒトラー最後の12日間”、ユーチューブの総統がお怒りのようですシリーズのヒトラー役の俳優。
 マツケンサンバとヒトラーの融合です!!!
 この映画見るたびに会津に行きたくなる。


 いまから10年くらい前に、うちの当時の親衛隊隊長が、卒業旅行、研究室の友達がみんな海外行くって時に金なくて行けなくて、その姿が、僕が卒業旅行はおろか新社会人としてのスーツ買う金もなくて、人体実験バイトに出撃していたのとかぶって、卒業旅行として僕が全部出費もってビーカブで10日の四国旅行に出かけました。
 故郷を離れ、こんな辺境で死んでいったドイツ人の英霊を墓地までいって弔ってきました。涙を落としはベりぬ。 

クリークス ラーガー(クリークが戦争 ラーガーが収容所)バンドウ!
ドイツ人捕虜の方々が作った石橋。
こういった橋の巨大版の水道橋をローマ人たちは日本が縄文時代にあちこちに建設していた。


 徳島の人は温かくて、大乗フェラーリ教四国支部のボンジョルノ様がフェリー付き場まで探しにきて下さって、夜宴会でフェラーリ破滅教教祖を歓待してくれました。お礼に行かなくては!!!
 和歌山でアオリイカ釣ってる場合じゃなかった!!!フェリーで渡らなくては!!!

 久々に四国に行きたくなった!!!

 結論 センター試験を特殊な受験勉強で突破するのではなく、普通の教養として難なくクリアできる学力というよりかは”教養”をつけることが大事ですね。特に文系科目は。

 大学が教養学部を廃止してから日本はダメになった。

 
Comment:
2015/01/30 1:59 PM, Fa wrote:
先生が授業でおっしゃってた懸賞を当てるコツ。聞き出したいものです。
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.