知の発火(トリガー)
  テレビの収録をしてきました。

 楽しかったです。
 ひさびさのテレビ出演で緊張しました(泣)。
吉本の若手芸人さまからのパワーをいただきました。
 テレ東にBMWで乗りつけました。

 さきほど、よしもと興業の製作サイドの方から連絡があり、
さらに追撮をしたいので、OAはもっとあとになるそうです。
放送日が決まりましたら、このブログに書きます。
 だいぶ先になりそうです。
 この本もフィーチャーされました。

この本がネタになりました。


 ロケすげ〜疲れて帰ってきて、とりあえず中目黒にて焼き肉打ち上げをしました。
竃炊きごはんが美味すぎる。

 新しい基地にはかまどを作りたいです。
 ツリーハウスも予定。ツリーハウスで思索を深めたいです。



 先日、親衛隊と仕事の合間を縫って池袋東口HUBにてイタリアにて開催の世界自転車3大レース、ジロディイタリアを見てきました。
 今年はサッカーとぶつかっていて、スポーツバーHUBでも、東京の2店舗と大阪くらいしかジロディイタリアの中継やってなくて、名古屋では全く見れません。
 都内も池袋と上野の2店舗だけ(怒)!

 池袋は、僕が小学生一年生のときに、虫垂炎の手術で東武練馬の矢作病院さまに入院したオカンから小遣いをせしめて、そのまま川越街道を自転車で激走して人生初めての男の遠乗りをした記念碑的な場所です。

 小さい頃から近所の高いビル(といって5階くらい)の屋上からよく景色をながめるのが大好きでした。
 当時まだ練馬区の平和台はおろか、練馬区全体でも、板橋区、さらに中野とかに高い建物が全然なくて、360°パノラマでした。建設中の池袋のサンシャイン60がだんだん高くなっていく姿や、赤羽の団地群、サンプラザ中野のビルとか中野の黒い電信電話公社(現在のNTT)ビルとか見て、光化学スモッグの警報聞いて、なにか閉ざされた世界からもっと広い世界が待ってるような気がしてわくわくしていました。
 そんで小学生になってまさに大航海時代ならぬ、大自転車時代が到来してました。

 池袋で小学校5年生のときに初めてホビースポット”u”さま(いまは通販専門?)に行って、外国製のプラモデル群に圧倒されました。英語の解説が読めなくて悔しくて英語を猛勉したのも、こういった”知のトリガー(引き金)”があったからです。
 人間はUSBやハードディスクのような情報を入れる入れ物、装置ではないので、受験勉強にしろ何にしろ、情報を強制的に外部から吸い込ませることはできません。
 知の発火、トリガーのようなものがあって内部から必要性を感じて発火した時だけ爆発的に知識を吸い上げることが出来る。
 「さらに広い世界がある」という「無知の知」を発火させるトリガーこそが重要です。

「他人から学び取るのではなく、自分で学び取る人生を」

 池袋が練馬区の田舎者の小学生の僕に、開いた世界を見せつづけてくれた。

 そして、小さい自転車で川越街道をダッシュして池袋でシャア専用ズゴックのプラモを買っていた僕が、うん十年後にまた・・・・・

 「向こうのペースにのっちまって!!!!」(By  Zガンダムのジェリド )
バ◯ダイにハメこまれました。
 ガンダムユニコーンがめちゃくちゃ面白い!!!!!
ラスト第7話明日映画館で見たいぞ!!!くらいな。
 ネオジオングが気になる!!!!
あの”ジオング”がネオジオングっすよ!
 
  ルシャトリエじゃなかった、クシャトリアに乗るマリーダさんにも萌えています。
マリーダさんの設定が濃い。
 zzガンダムの最後の方に出てくる、クローンと遺伝子操作で強化人間にされたプルの12番目の設定で、グレミーのニュータイプ部隊、親衛隊として黒い量産型キュベレイで戦ったあとに1人だけ生き残って流浪の身になり、場末のコロニーの娼館で娼婦にされていた、というなんという大人の設定!

 1年戦争の勝利で肥大化した地球連邦がまさに現代のアメリカ。ジオン(ナチス)の技術を吸収し、肥大化、そして私利私欲にまみれたフィクサーたるジャミトフを筆頭にした権力者がまさにアメリカの新保守主義層。ティターンズがまさにその権力層が生み出したアメリカのエリート軍=ナチス親衛隊です。
 コロニーレーザーなど、圧倒的な資本力と技術力で”世界の警察”としてコロニーを力で支配するのはアメリカ以外何者でもない。
 シャアの死後、さらにジオンの残党を”テロリスト”と呼び、「テロリストとは交渉しない、殲滅するだけ」という姿は、現代のアフガン、イラクのアメリカそのものです。ナチス武装親衛隊の精鋭、”アインザッツグルッペン”がウクライナなどの前線でゲリラ狩りと称して市民まで処刑していたのと現代のアメリカ軍との間で質的にはあまり変わりがない。
 Zガンダムからユニコーンまで、その辺りを平行移動してうまく描ききっています。

 急速に海外のアメリカの戦争に日本の若者も駆り出そうとする流れの中、人類の現代史とかぶってくる名作です。

「金持ちが戦争を始め、貧乏人が死ぬ」(ジャンポール・サルトル)

 忌野清志郎師が、政治的無関心とか、日々ただ流されているだけだと
「そんなことだと、君らの子供たちが戦争に行かされる時代になっちゃうぞ」と言っていたのが、急速に現実味を帯びてきている。

 バン◯イはまだ、かつて朝からザクレロとか量産型ゲルググとかを買うためにプラモ屋とかイトーヨーカドーに並んで人生を無駄にした、俺らの世代からプラモで搾取しようとしているのか!!!(笑)
 
 今日は高校時代のクラスメイトの清◯君がTBSでこの企画の担当になって、さらにクラスメイトの河◯さんが招待してくださった、まさに西高時代の知古におんぶにだっこ状態 の
”医は仁術”展覧会に行ってきました。


もうすぐ終わりなので薬学とか医学とかやるひとはぜひ行った方がいいです。
 ひさびさの上野の国立科学博物館。 
 死んだら遺産の一部を寄贈します。お世話になりっぱなしです。


小さい頃から幾度となくオカン、大宮定子(故人)に連れて行ってもらったところです。
今日の理系の僕があるのはここと練馬区立平和台図書館のおかげです。知の発火をしまくってくれた。

 最終学歴が奈良県立十津川村高校のオカンが、ステゴザウルスを発見し、「こっちにステテコサウルスあるで!」といっていたのを聞いて、大宮家の知性のレベルに絶望し、何も頼れないことを悟り、自ら自立した知性を追求しようと決意、人生を出立した幼少期を思い出します。
 将来自分の子供には「ステゴはラテン語の”鎧のような重厚な屋根”、ザウルスは”とかげ”
」としっかりした知識を授けたいです。 

 江戸時代の薬セット。漢方薬ですね。”麻黄”はエフェドリンですね。

 当時の蒸留器(ランビキ)。かわいいです。欲しい!!!これで硫酸とかも作っていた。

 古代中国から伝わって江戸時代まで使われていた人間の臓器の図。

こんなのがおかしいじゃん、って言える医学者がいなかったのがなんとも情けない。
 人の思想なり人の流布した真実を妄信した結果です。思考停止こそが人類と人生の最大の敵ですね。王様は裸だ、と言える人にならないと。
 今の原発問題しかりです。

 ターヘルアナトミアにつながる流れで、山脇東洋という人が1700年代に日本にて本格的に解剖をはじめ、日本における解剖学を本格化した。
 そのときの解剖図。
 けっこう雑じゃね?

 レオナルドダヴィンチが1500年頃にすでに人間の体のつくりに驚異し、その畏怖から膨大なスケッチを寝食を忘れてしまくっていたのは有名ですが、200年前のルネッサンスのイタリアですらすでにこのレベルよ。

 結局日本は後進国でしかない。
やっぱだめか〜。イタリアとは文化のレベルが違う。

 と絶望感に浸っていると、 ”まんだらげ”(朝鮮朝顔)から抽出したアトロピンで世界初の全身麻酔手術をなしとげた
華岡青洲先生に救われました。
 
 華岡青洲先生の術式であっても、乳がんの手術ですら、まさに体当たり、感激しました。
これが本当のワイルドネス!!!!

 ワイルドだろぉ!!! 
華岡先生の前時代までは麻酔がなかったんでこれではQOLとかそういうのを凌駕しています。
 麻酔がネ申!

 一昨年の猫のニャジラの手術がいかに近代化されたものか身にしみます。
ニャジラにこのテクノロジーの人類の歩みがすべてぶち込まれた。

 何すか、この温度差は!!!



 ひとにぎりの時代の革新を願う、突出した天才たちが鎖国と幕府の弾圧の元で、オランダなどから開かれた世界を見聞し、血のにじむような努力で彼らなりの新しい時代の模索をし、世界に先駆ける発明や発見を追求していた。
 このような時代の天才たちの苦労は拙著「もしべく」をご覧下さい。





 麻酔がない時代は本当に暗黒時代だった。

 その40年後、世界で初めて(とされている)ジエチルエーテルによる麻酔手術がマサチューセッツ州ボストンで行われた。ボストンにはこの絵の舞台となった、エーテルドームが保存されている。

 麻酔の発明は化学が人類になした最大の発明の一つだろう。
 そして先人たちの苦労が今日のこの技術まで結実したところに感動がある。
 内視鏡なんて、医学の祖ヒポクラテスが見たら卒倒しちゃうよ。

 サイエンスの発展をささえた苦労については「もしべく」をご覧下さい。


 最近、ついに工業化された食文化に対するスローフード運動として、手打ちパスタにハマりました。
 サルディーニャ島のパスタ”ロリギッタス” サルディーニャ島の方言で loriga ”環、リング”が語源です。
 大腸菌とかの、遺伝子組み換えで使われる、核外のDNAであるプラスミドっぽいです!!!かわいい!

 オッソブーコも作って食べました。オッソブーコ美味い。


 オレキエッテとかカヴァッテッリとかストローツァプレーティとか
イタリアのマンマのパスタに挑戦したいです。
 生パスタこそがイタリアの真髄のマンマのパスタだ!!!



 宇多田ヒカルさんがプーリア州の方とご結婚されたので、
こんどの週末はプーリア州の料理のお店で僕のお誕生会です(笑)。
 もう◯◯歳っすよ(泣)。
 池袋までチャリで激走していた頃に戻りたいです(泣)。

 プーリア州といえば、アルベロベッロにいきたいっす!
アルベロベッロのトゥルッリ(とんがり屋根のお家)が俺を呼んでいる気がする。
 夏にでも行くか。


 


Comment:
2014/06/08 12:51 PM, のこのこびーち wrote:
お久しぶりです!大宮先生のブログはいつも気になる写真(?)が多くていいですね。
ところで、そのツリーハウスの写真は何処で撮ったのでしょうか??氷菓の女の子じゃないですが、凄く気になります!
小さい頃スタンドバイミーに憧れて小中と幾度となく友達と建設計画を打ち上げては消えていった、カジノ法案みたいな感じでしたが今でも機会があればってくらいで。
畢竟、そういった木や時間や仲間がないとダメなわけですが…でも、そのツリーハウス、自転車で行ける距離なら行ってみたいです。
2014/06/30 12:45 AM, 大宮王子 wrote:
のこのこさま、ご無沙汰です!
秘密基地建設は永遠の憧れですよね!!!
このツリーハウスは広尾の有栖川公園側の広尾のエノテカとか100円ショップとかの裏の方のフラワーショップにあります。ぜひ行ってみて下さい!!!
 ツリーハウス楽しいですよね!
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.