ビーカブ破滅!
 すっかりブログをサボっています。すみません。
出版社様とさらに打ち合わせをして、また書く本が増えました。
 いま新課程の参考書とか問題集とか他の本とか、
ま〜6冊くらい執筆中です。
 完全に廃人です。体調も悪いです(泣)。

 来年は書店を埋め尽くします!!!


夏休みはこのへんで完璧に!
”もしべく” が夏の課題図書です!!! 
読書感想文大会をやるか!?



先日、都心の某有名な高級イタリアンでお誕生日会が行われました。
ヲタ常備会じゃないです。
 シチリアな内装とシチリア料理に感激。


 この魚とか入れているケースとか雰囲気が懐かしい!



 チーズの容器もお洒落!


 シチリアに行きたい!



 ついに9年近く連れ添ってきた、VW(フォルクスワーゲン)のニュービートルカブリオレが14万キロで車検出したら、死に体で80マソ円と言われ、廃車にするところを
K塾のカリスマ英語講師竹渕先生が欲しがってくれたのでお譲りました。
 仮ナンバーもってわざわざ東京まで取りにきてくださりました。

 廃車にするよりはまだ生きて走ってくれるので嬉しいです。

 この9年間、ビーカブにはいろんな思い出があります。
東京から14時間運転して、リアス式海岸を永延と走り、岩手県立宮古高校に授業行ったこととか。

 14万キロって言うと地球を2周以上なんだよね。




ビートル自体の出自が、ヨーロッパの歴史でもある。
 フォードがT型フォードで自動車の大量生産をはじめた、っていうのが1つのパラダイムシフトであるならば、それを超えるインパクトが、まさにフォルクス”大衆、国民”+ ワーゲン”車”の登場と普及である。現代のモータリーゼーションはここからはじまった。
 ナチスが、経済が壊滅して混乱にあえぐドイツの救済として、選挙で全面に打ち出したのが、大量の失業者をアウトバーン(世界初の高速道路)などの道路網の建設、整備と、国民が国家の運営する基金に投資して一人1台の車社会を実現する理想の社会像であった。
 これが熱狂的求心力となってナチスが政権に着いた。 
↓KDF運動とワーゲンの工業化のプロパガンダ大会
 アウトバーンの建設 世界初の高速道路を設計して道路網を作った。
まさに20世紀の先進国社会はナチス社会のエピゴーネンでしかない。

 人類の歴史はいかに大衆を統合するか、という歴史でもある。
この統合に新しいメディアたるラジオ、そして統合のシンボルに自動車を使ったナチスの手腕は現代の自民党が繰り出す手法の1億倍ソフィスティケイトされている。
 ナチスの手法を取り入れて大成功したのが光と音の響宴ロックバンドコンサートでありアメリカのメディアを操縦した現代の権力である。

 ポルシェ博士の設計チームが、まさにこの求心力の中心たるKDFワーゲン(VWビートルの母体)をみごとに製作した。KDFはナチスが主催する各種国民組織の運動の1つで、”Kraft durch Freude” (歓喜力行と訳される ”工作から歓びへ” )の略である。これも、ベートーヴェンの”Durch Leiden Freude””苦難から歓びへ”へのオマージュなのだろう。
ドイツ人の俳句的なフレーズなのか、
アウディのVorsprung Durch Technik フォアシュプルング デュルヒ テヒニク
 ”技術から先進へ”も同じ感じだ。
 アウディもナチス時代に国際競争力をつけるためにヴァンダラーやアウトユニオン、ホルヒとあと一社忘れちゃったところが4社で統合して四つの輪になった。

 ということでアシ車を早急に買わなくてはいけなくて、何にするか迷い中です。
フェラーリ348の足車にフェラーリ355を使っていたような歴史の愚から学びたい。

詳しくは ↓


 バカすぎる。
マセラティのグランカブリオが一番欲しいんですけど、アシ車に回す金がないので
中古のマセラティクーペか、BMWの650カブリオレかポルシェ911カブリオレか悩んでます。
 誰か安く売って下さい!!!魂の叫び!
あとアルファロメオの4Cがビンビン来ました!ってあれは2シーターだよね(汗)。
 ということで車ブームが再燃しています。
イタリア師匠が、マセラティをかなり勧めてきます(泣)。
 マイクロデポさんのHP見るとかなり萎える。イタリア車火炎地獄が待っているっぽい。
チインクエチェントも欲しい!


 イタリア師匠のお家に久しぶりに遊びに行きました。
師匠からポルトガル旅行のお土産をいただきました。
 ポルトガルで売ってるらしき、猫のエサの缶詰、ニャジラにはもったいない!!!
 この遊び心が日本にはないんだよね!!!
 やはりヨーロッパの人のセンスに脱帽!!!

すげえ刺し盛りとかすげえ炙り会で御饗応くださりました。
日本酒飲みまくり、一升瓶2本空けた。
 海見ながら海風に当たって酒飲んで昼寝、海にも入り至福の時間でした。
だいぶリフレッシュされた。
 本当に体がボロボロです(泣)。

 名古屋基地でもがんばって夏らしいイタリアンを自作してイタリア人ヘルシー食生活を
目指しています。

 友人や親衛隊からは都内のレストランに負けていない、と好評です。
が、日本人がイタリア人のまねごとしてもムリ。
アメリカ人が俺の寿司世界一だろ!とか言ってるのと同じです。
 その国のテロワールと言うか、水、空気からはじまって調味料や油一つまで、そしてそれを組み合わせるセンスと技量、そういったものは郷土にどっぷりつかった人でしか再現できない。
 僕のは所詮まねごとでしかない。
という”無知の知”が大切ですね。

 いよいよツールドフランス100回大会開始!
またバーのHUBに見にいって散財します(泣)

 マセラティ欲しい!!!


 
Comment:
2013/06/30 12:26 PM, ノコノコ wrote:
お久し振りです。先生はツールドフランスが埼玉に来るの知ってますか?もしかして、有名な悪魔おじさんとかもちょっかい出しに日本に来たら面白いですよね!?
2013/07/20 3:10 AM, 大宮王子 wrote:
>ノコノコさま
 ご無沙汰っす!
ツールドフランス日本に来るのは有り難いんですけど、せめて伊豆半島の西側のイタリアっぽいところとか名古屋〜金沢とか有峰林道とか乗鞍とかワイルドなところが良かったです(泣)。
 悪魔おじさんとか裸のアフロとかいろんな奴誘致してビザ出してあげて欲しいです。ラルプデュエズでなんちゃってスパイダーマンとかどうしようもない奴ばっかりいました!
 スッパマンと江頭師にがんばってもらうしかないですね!
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.