春来る
 テレビドラマ”最高の離婚” の舞台で有名になった目黒川の中目黒〜青葉台付近。
桜の名所です。また今年も桜が咲きました。
 この地道な姿勢に涙。
まさに、国破れて山河あり、城春にして草木深し・・・
ですね。

 
 受験勉強と同じで、地味にこつこつとやって”自分に勝った”ことで
華やかな花が咲くのです。
 やれツイッターだの2ちゃんだのモバゲーだのとネットに取り込まれて
ハメこまれていてはダメっすね。
 日本語で読み書きという作業のリタラシーが問われる入試では
本を読んで読解力をつけるしかない。
 今年のセンター試験の国語はネットなどで日本語で文章を読むこと、っていう
知性が失われつつある受験生への警句かと。
 若者よ、本を読もうぜ! ワンピースとかばかりじゃなく(笑)


 春期講習で三重県の津に8年ぶりくらいに行ってきました。 
津のサティでフェラーリのフロントこすったのを思い出します。
 あの頃よく、毎週末に三重県までフェラーリで激走していた。
若かった・・・。

 これからほぼ津まで毎週、火曜の夜に仕事、トップハイ化学の講義に行きます。
 
 土地勘がなかなかないのでまず慣れなければ。
近鉄特急から四日市のコンビナートが見えて激萌えです!
 元生徒のO君が来たので、四日市のコンビナートを見にポルシェで激走して
ラーメン屋に寄り、桑名東とかいろいろ走って遊びました。

 浜松では、◯ゼミ最後の年の生徒S君が国立大学医学部を卒業して翌日から医師として
勤務するってことで
「先生と学生時代最後の夜、酒が飲めて光栄です」
といわれて二人で飲みまくりでした。
 日本酒とスパークリングの交互はきつかった。
浜松でしか食べられない、”もちがつお”が食べれて感動でした。
 結婚式のスピーチまで頼まれちゃって、俺はああいうのは苦手なんすよ。
 ドリフで、泥酔した加藤 茶 (ネ申) がケーキに顔突っ込んじゃったりして結婚式メチャクチャにするコントみたいになっちゃいそうで。

 浜松でさらに、某国立医学部の2年生のT君がイタリア旅行に行ってきた、ってことで
ご無事帰還お祝い飲み会。
 すげえ感動巨編!スリもあり、お笑いもあり、◯◯もありの感動ストーリーでした。
「やっぱイタリア行かないとだめっすね!先生にプッシュしてもらってよかったですよ」
「先生に教わった ”アユート、ラードロ!”  「助けて、泥棒」が役に立ちましたよ」
 次はナポリの激ヤバ旧市街に潜入して男を磨いて欲しいです。

 男の価値はリスクに立ち向かい、それをコントールして無事に帰ってくるのをどれだけこなしたか、です。007よ!
 次回は彼の家で007上映会も組み込むことにしました。
 イタリアで、フェラーリ・カリフォルニアをオープンにして、野郎2人でおねいさんを4人も乗っけて走っている奴がいたらしくて
「先生、うちらもあれを目指しましょう!」ってことで、やっぱカリフォルニアすか。
モンディアルカブリオレじゃだめか。 


 3浪で医学部にやっと合格した◯◯君が
「合格したら先生とワインを飲みたかったんですよ!」
とコート・デュ・ローヌの赤ワインをすげえのと、激うまツマミを多数もってきてくれた。
 携帯のメアドがピノノワールだもんな。
「親戚がぼく以上に喜んでくれて、毎日フレンチとかで宴会なんですよ」
と飲んだワインのエチケット持ってきてくれて、ジュヴレイ・シャンベルタンとか
ブルゴーニュのプルミエクリュが並んでいた。俺も飲みたい!


 ラギオールのソムリエナイフまでもってきてくれた。すげえ。
 次は印象派絵画と万年筆、腕時計の談義をしようということになりました。
おじさんもビックリのすげえ文化人で感動です。 

 早稲田大学先進理工学部に進学した元生徒の◯君に
酔った勢いで合格お祝いで目黒駅で記名式スイカを買ってあげました。
 IKEA行ってIKEAの鉛筆もプレゼント!(笑)

 大学近くの新居の下宿も襲撃しました。すげえ立派な一人暮らし!

 大学1〜2年に親父と訣別して一人暮らしで住んでいた、家賃38000円荻窪駅から徒歩17分の俺とは違う(泣)。

 仕送りももちろんないので、学費まで全部自己負担。
宅急便の早朝バイト、塾講師、家庭教師と人体実験バイトの波状攻撃でなんとか生きていましたが極貧だった。
 そんな僕の学生生活とは正反対、アンチポデスなお洒落な下宿じゃんか!!!

 ◯君のご実家から送られてきていた、無農薬の野菜をいただきまして、
イタリアンを作りました。
 すげえうまい!野菜の滋味!キャベツとか菜の花がネ申!
スーパーの農薬べっとりのクソ野菜と深みが違う。

 十分な土の力があってこそ、力強い滋味を蓄えた野菜が生まれます。
知識が自分の血肉となって己の言葉になっているという基礎力がないのに、表層的に
問題をたくさんやって解法を暗記しても成績は伸びないのと一緒です。
 盤石な根がはってこその成長です。
最近、4月から表層的に問題ばかりやって、結局最後に力強く果実をつけられなくなってしまう受験生が多い気がします。
 巷に氾濫する大量生産の野菜と一緒です。
 
 多くの先輩たちのようにガッツリとこの本で基礎力をつけましょう!


 隙き間時間に爆読ですね!!!
 地味な小さな積み重ねが大きな成果を生み出す!!!
 小手先のテクニックばかり覚えてもしょうがないです。
 しょうもない安価で簡易な特攻兵器の生産に走って滅亡した日本軍になってしまいます。

 歴史はこれから何をすればいいのか?ということは教えてくれませんが
何をしてはならないのか、ということを教えてくれます。



Comment:
2013/04/07 10:22 PM, 某跳ね馬の人 wrote:
ご無沙汰しております、名駅校でF様について忙しい中熱く語ってもらっていたものです。
今年も失敗し、もう一年やらせてもらうのと同時にK塾からも移ることになりました。
僕も津の現役館には数学を受けるため通っていた時もあり、あの頃化学は花○先生が担当されていたんですが、今年からは先生なんですね。
津はやっぱり鈴鹿や四日市に比べると何もない気がします(苦笑)
今は先生著の面白いシリーズで苦手の理論からもう一度固め直している感じです。
2013/04/17 12:19 PM, cleverley wrote:
筑波大学を目指してる浪人生です。
先生の三部作を3周しましたけど
次は何をすればいいでしょうか?
2013/04/21 10:49 PM, 化学の面白さ wrote:
去年、河合塾千種校で浪人して東京農工大学に受かったものです。
私は高校時代(そこそこの進学校)数学、物理は偏差値65 英語55でした。
しかし、化学は35ほどでした。
もちろん私立なら行けるところはあったと思いますが、国立にこだわりました。
高校時代、原子核のN殼に電子が2個入らずM殼に2個入ることが理解できず、
2013/04/21 10:55 PM, 化学の面白さ1 wrote:
モルが全く理解できず、化学と決別しました。(笑) もちろん、そこで止まってる僕にとっては後に出てくる無機、有機化学なんて暗号でした。(笑)
しかし浪人して、先生の授業を受けて
先生の本を買い、少しずつ化学が面白くなってきました。
そしていつの間にか、東京農工大学工学部応用分子化学志望になっていました。
2013/04/21 10:58 PM, 化学の面白さ2 wrote:
高校の化学は暗記させるところが多く、曖昧なところはごますので先生に出会えて本当に良かったです。
ありがとうございました。
2013/04/22 12:42 AM, 大宮王子 wrote:
>某跳ね馬の人様
 残念でした。
もう一度原点から初心に返ってガッツリやりこみましょう!圧倒的な知識量+演習量が必要です。
計画性を持ってやりましょう!
 エンツォの執念みたいなものも必要です!
己に勝て!

> cleverley様
 重要問題集とか問題集で演習量を積みましょう!
道を知ることと、歩むことは違う、という格言があるように、
知ることと、実際にそれを使って解けることは別です。
 きわめて下さい!!!

>化学の面白さ 様
 おめでとうございます!
これから大学でよりハイレベルな化学に接すると思います。
 僕も化学が高校時代大嫌いだったので、似たような境遇の方にお役に立てて光栄でございます!
 これから大学生活で、広い世界を吸収して突っ走ってください!
 熱いカキコ、ありがとうございました!
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.