第1回 弥次喜多記念プルペ その2
  静岡のシティホテル JRのアソシアに泊まる。
自転車を倉庫にしっかり保管していただき、ビジネスホテルとの待遇の差に感涙。
ブルベのときはビジホばっかり泊まってビジホのイートインみたいなところで
缶チューハイ飲み会とかばっかりしていました(泣)。
 ブルベより進化した感があります!
 
 朝9:00出発して安倍川に向かう。
静岡市内は交通量が多く、道が狭くてチャリには向いてないっす。

 安倍川餅、創業江戸時代の老舗に寄る。
「さっき朝ごはん食ったばっかりじゃないすか!!!」
「プルペですから!」


 安倍川餅、僕が奢りました。
ウェストポーチからすぐにお金だせるんで。
これが後の災いを呼ぶとは!!!

 店内には、いかりや長介様のカキコとかあって感動。
親方が、店内の写真で昔の界隈を教えてくれた。
 日露戦争の勝利祝いに安倍川大橋を自転車軍団がパレードとか泣けてくる。
東海道の歴史の重みが詰まっている。
 日本のロマンチック街道!!!

 安倍川大橋を渡る。交通の要衝なので
米軍機の空襲を受けまくっていた。
 この鉄橋の付根にドイツ軍の3.7cm連装対空戦車”クーゲルブリッツ(雷球)”
と3.7cm連装対空戦車”ケーリアン”、 5.5cm連装対空戦車”アドラー”(鷲)
が配備されていたら低空で鉄橋を空襲するP51ムスタングとかP47サンダーボルト、B26マローダーとか火だるまになっていただろうな〜、と妄想しながら渡る。
 現代風では、SA2 ガイドライン 地対空ミサイルとZSU23/4”シルカ”
の組み合わせだな。
 SA2 ガイドライン のエアフィックス社の1/72のプラモを探していて、
もう人生最後の仕事みたいなノリなのですが、持っている人売って下さい(懇願)。
 ◯ゼミ時代、家一軒をプラモで埋めていた、プラモコレクターの
津◯先生(故人)に頼んでおけば良かった。
 ◯守先生と一緒に小岩とかのプラモ屋巡りしたのが懐かしす。

 エアフィックスのガイドラインのプラモ、デローザと交換して下さい(笑)。


 最近歳をとったせいか、
ミサイルよりも輸送用トレーラー ZIL157トラックの方に萌えています。

 ベトナム戦争と中東戦争で活躍した地対空ミサイルです。
 ナチスドイツの地対空ミサイル”ヴァッサーファール(滝)”と”ラインボーデ(ラインの使者)”の影響を受けています。
 初期の地対空ミサイルなので、周波数が固定されたレーダーからの誘導システムとUHFの電波ビームによる誘導で電波妨害(ECM)に弱かった。
 が、カンボジアやラオスに越境攻撃、北ベトナムの学校や病院までも無差別に爆撃してくる、”北爆”のアメリカ軍のB52やF4、F105のパイロットを恐怖のどん底にたたき落とした、ネ申です。

先日湯島での飲み会の前に、エアフィックスのガイドラインのプラモ探して、
ビンテージプラモデルのメッカ、レオナルドにでも、と秋葉原に行ったら
レオナルドが倒産していた!!!ついにこの日がきたか・・・。
 レオナルドの創業者の化粧品メーカーを脱サラして立ち上げたおじ様も故人になってしまったようです。
 昔、僕が店の前にフェラーリ360スパイダー横付けしてたら、
「おお〜1分の1はやっぱりスゴいね!」と感動してくれてて、
「ここのプラモ全部と交換して下さい!」と言ったのを思い出しました。
 おじ様のご冥福をお祈りします。

 ZSU23/4 シルカ は世界初のレーダー追尾型の自走高射機関砲で23mm機関砲(4門)を搭載し、毎分4000発!!!!を誇った。
 開発思想的には第二次大戦のドイツ軍の4連装高射機関砲とそれを4号戦車車体に搭載した4連装自走高射機関砲”ヴィルヴベル・ヴィンド(旋風)”の影響を受けています。
 

  ZSU23”シルカ”(ロシアは防空兵器に川の名前をつける シルカ川から)はチューボウ時代から一番萌えている兵器ですが、親衛隊長に本気で射撃しているビデオを見せられて
「先生、シルカははんぱないっすよ!」と調教されました。
 中東戦争で多数のイスラエル軍のF4ファントムやスカイホークを撃墜した。
 ZSUはいわゆるロシア自走砲の頭文字SU(ロシア語のサマホードナヤ・ウスタノフカ:自走装置)に高射(砲)の意味のゼニートナヤがついた記号です。
 大学時代、ロシア語の授業でサボって一番後ろの席でロシア語の辞書でそんなんばっかり調べていた(泣)。

 


 ケーリアンはパンター戦車の車体を使ったもので、試作車両(砲塔はモックアップ)が完成していた。


 現代の対空戦車のルーツです。ゲパルト対空戦車とかヨークとかそのまんまっぽい。
 デザインが70年前のものとは思えん。
 現代の兵器がおよそすべてナチスの開発した兵器のエピゴーネンでしかない。

 プルペを忘れていた!
 ついに安倍川を渡る。トラス型の古い鉄橋萠えです。


 安倍川を渡って激走していると、後ろから走ってきているハンダラー師が
信号で追いついて「大宮さん、紙を落として走ってるけど大丈夫?」
「あ、なんかレシートかいらないゴミだと思いますよ」
と発進すると、なんとウェストポーチのチャックが開いてて、お金が落ちそうじゃじゃいすか!!!
 なんと、17000円相当のお札をバラまいて走っていた!!!

 映画ロボコップ3でオムニ社の傭兵部隊がロボコップにパトカーで追跡された時
お金をばらまいて人々を路上に群がらせて逃走したシーン並みです。

 全力でもどって、ツールドフランスのカンチェラーラを抜く勢いで
走っていくと、おばあちゃんが「3000円落ちていたから」って拾ってくれていて
とりあえず急いでるから「これはお礼ですから」って1000円あげちゃった。
 大赤字だぜ!
 
ママチャリに乗った、朝から変なジャージみたいなのきて走り回っているダサいオヤジ数人が、明らかに拾った臭いんだが全力で逃げてて、追跡したがロードで追いつけないくらい速く逃げて行方不明に。
 クソぉ!!!
 
 ま〜いっか。
激貴族です。金ばらまいて走るの。
 将来大儲けすることがあったら東京タワーの上から金ばらまきたい。

 新しい快感を見つけた。どM極まれり!
 フェラーリより金撒いて走った方が快感ですね。
わずか5分足らずで東京チカラめし60回分近くの金を失った・・・。

 旧東海道 丸子の宿場町 の丁字屋を通って宇津の谷峠へ。
東海道の難所、箱根、小夜の中山、鈴鹿峠と並ぶ難所の一つです。

伊勢物語で在原業平が
 駿河なる 宇津の山辺の 現(うつつ)にも、 夢にも人に会わぬなりけり
と詠んで都へ行く人に渡しています。

 せつない・・・。
いつの時代も男はロマンです。
1200年経っても変わらんですね。
現代においても、
いい女ほどメールは返ってこない、という・・・、って違うか。

 明治、大正、昭和、平成のトンネルと全部揃っています。
やはり明治の手掘りトンネル。
 無煙火薬とかダイナマイトが発明される19世紀中頃以前は硬い岩盤を手掘りするのに
1年で5mくらいしか掘れなかった。
 それをダイナマイトが5分にした。テクノロジーの進化は深い。


 下っていって右に曲がると朝比奈の方に行けて、
玉露の里に向かいました。

 玉露100%生まれて初めて買った。
ビンボーな大宮家は練馬区のくるみ商店街(錦町)
のお茶屋さんでオカンの大宮定子(故人)が玉露”入り”、風味みたいなのしか買って
いなかった(泣)。ついに復讐を果たしました。

 岡部の玉露ですよ!
アペラシオン シズオカ ギョクロ グランクリュ、みたいな。

 ハンダラー師にイタリア師匠が”お茶コーラ”を無理矢理飲ませようとしていた。
まんま小学生の旅です(泣)。

 朝比奈の龍勢(ロケット)発射火点に行く。
テポドンがきても日本には龍勢がある!


 このような竹筒的なロケットは1236年に北宋の金王朝によりモンゴル軍フビライの
騎馬隊を蹴散らすのに”火煎”としてロケット花火のお化けみたいなものが使われていた。
 ロケットの歴史は古い。
 音が鳴るので恐怖心を煽り、馬を混乱させた。
まさに70年前にロシア軍が”カチューシャ”(BM8/BM13)ロケット砲でドイツ軍を混乱に陥れた歴史の嚆矢である。
 AKBのカチューシャよりBM13カチューシャでしょ!
 ロケットの独特の発射音から「スターリンのオルガン」と恐れられていた。
その音が映画「総統最後の12日間」にも忠実に再現されていた。
 ウォ〜ン、ウォ〜ンという連続音である。


 こういったロケットを巨大化して月へ行けるようにした、その嚆矢がナチスの
V2号であり、設計したチームがアメリカとソビエトに連れて行かれて
米ソ冷戦という現代を作り出した。


 そしてソビエトが倒れ、結局ナチスを吸収したアメリカが新しい時代の
ナチス、国家社会主義ドイツ労働者党が国際資本主義=グローバリズムとなった。
 映画アイアンスカイのDVDが出たのでウチで上映会をやります。



 朝比奈は2年に一回発射みたいですが、
僕がよくチャリで走りに行く、秩父の龍勢が毎年やっていて有名ですね。

 自然とチャリ旅行が、ロケットに惹かれてしまう。
農民が天(宇宙)への感謝として
 昔の農民はインテリだった・・・。
現代とは違う。TPPにより日本の農業がモンサントに独占される日も近い。

映画 ”モンサントの不自然な食べ物”を早くDVDでまた見たい。
 
「王様は裸だ!」と言える人になれ、がモットーです。
 
 朝比奈から新東名をくぐって、岡部に戻り、初亀酒造さまへ。
おお〜!!!日本酒、麹の匂いが漂っている。

 女子大生軍団が買いにきてました!感動!おぢさんと日本酒飲もうぜ!

 瀬戸川をさかのぼり、志太泉酒造にも。
 こういった、黙々と名酒を作り出す酒蔵が元気で感動です。
いわゆるCMにたくさん出てる、工業用エタノールや糖類を添加して作っている
チープな”日本酒風味のエタノール飲料”が流行って日本を席巻してしまった。
 パリとかでいま日本酒の田酒とか獺祭とか大ブーム。さすがインテリのフランス人です。
 自国の酒、ヒストリーと文化の中心のものですら、資本主義的な安直な金儲け主義=ウ◯コな製品の跳梁跋扈を許している国民が
いまさらナショナリズムを喚起とか笑止千万です。
 偏差値30の奴が東大の入試問題を論評、みたいな、地に足がついてなさすぎる。
 

 地味すぎて通過しちゃったよ。
ガーミンでもわからない。
戻ってきてなんとか直売所というか事務所にて購入。
 酒蔵のおねえさんと語る。

 イタリア師匠がガンキャノンみたいに2本の酒ビンを背負いました。
まさに酒キャノン!!!!熱い!
 そして大井川を目指して激走!

ついに大井川!感動です。こすに越されぬ大井川。
橋が長い!!!

 大井川を渡ってSL大井川鉄道の駅、新金谷で休憩。
新金谷、12年ぶりにきました。
 鉄道に萌え〜

 うちの鉄道模型のCタンクっぽいやつ発見!


 Cタンク、銀座の鉄道模型バーで走らせたい。
トミックスの絶版です。うちに二両あります。 

 最近Nゲージ走らせてね〜な〜。400両あるのに。貨物ばっかりです。貨物萌え。
JR貨物に就職すれば良かった。

 今度盛大にNゲージ大会をウチでやるか!!!
 
 新金谷駅にてなつかしいメダル刻印機を発見。
ブルベはメダルがフランス本国仕様のものが送られてくるのだが、
プルペは自分で刻印(泣)。

 大井川沿いの快適で高速道路みたいなサイクリングロードを走り、
蓬莱橋を渡る。
 木造橋なんで、めっちゃ怖いです。

 牧ノ原台地にあたっく!
ひたすらお茶畑の急勾配激坂!!!
ハンダラー師が上りで死んでいた。
イタリア師匠が「ハンダラー、茶畑に死す・・・」とか言って喜んでいた。 

 日が落ちてくるのが早いので、疲れまくってるのに焼津まで激走して、
磯自慢酒造に。

 すげえ近代的!
自転車で酒蔵めぐりとは、激貴族。
これからのトレンドです。
 
 そして静岡市内に戻るために大崩海岸を特攻!
いつ来ても思いますが、死ねるところですね。
 まさに海上特攻だす!!!
 静岡ブルベ200km袋井〜清水往復の復路で逆ルートを大崩通ったときは
もっと地獄だった。150km地点だったかな。

 静岡市内を真っ暗になってから走って、なんとかホテルに戻る。
累計230km。疲れた〜。
 磯自慢の大吟醸はまさに感涙ものでした。
 ソーテルヌのシャトー・デュケムもいいですけど、日本人は日本酒だな、やっぱり。
料理とのマリアージュもワイン以上ですよ。

 磯自慢の醸造酒のできたてのやつ、僕は醸造酒は悪酔いするから絶対に飲まないのですが、
これはスゴかった!蔵元直送でフレッシュ。

 日本酒は奥が深い。
 静岡の二日目の夜も飲んだくれて過ぎて行く・・・。
 日本酒と”ながらみ”のマリアージュが最高っす。
 弥次喜多極まれり・・・。

 そしていよいよプルペは3日目へ。 つづく

Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.