別荘ライフ
  真鶴で別荘ライフを満喫してきました。
漁船の音とか鳶の鳴き声で起きて、昼は泳いで、自転車乗って、
そよ風に当たりながらモヒート飲んで、っていうCS気候 地中海的っていうかカリブ海的な
生活です。
 秘密兵器スプートニクでバーベキューして最高に美味い!!!
スプートニクデビュー戦で焼き物しながらマンション屋上特等席でおねいちゃんと
親衛隊と盛り上がった二子玉川花火大会が忘れられません。
 みんなに”遊びの天才”といわれています。


 老後に備えたいろんな保険に加入しましたが
普段から、メメントモリ(死を思え)エピクロス派のルクレティウスな
生き方で来たので
明日のたれ死んでも「我が人生一片の悔いなし!」By ラオウな感じです。
かなり悔いあるけど(笑)。


 生にしがみつくあまり、製薬メーカーとか医療機器メーカーの
奴隷にされるより、宇宙の運命を受け入れたい、と
最近ハマっている老子や荘子の本を読むたびに思います。
「大道廃れて仁義あり 知恵出でて大偽あり 六親和せずして孝慈あり 
国家混乱して忠臣あり」

 道というものが忘れられて仁義などというものが唱えられるようになってしまった
 知恵をつけすぎて、その結果、偽りが横行するようになってしまった
 父子や夫婦の仲が悪くなったからこそ親孝行や慈愛が唱えられるようになってしまった
 国家が混乱しているからこそ、忠臣などというものが讃えられるようになってしまった

 本末転倒過ぎる!もういちど原点にもどれ!と喝破している。老子ハンパねえ。
生レバー禁止して原発再稼働、っていう笑止千万な今の日本を老子に喝破してもらいたい。

 大衆は思考停止の結果、とかく近視眼的に、本末転倒の結果に注力してしまう。
ホースの穴から水が漏れているのを塞がずに、そのホースの漏れた水をうまく集められて
無駄にしなかった、偉い!すごい!みたいなことになってしまうのだ。

 ルクレティウスも、そういった人々が本末転倒な結果を追っかけてハメこまれて
いくのを、知性をもつことにより高みの見物ができるようになることこそ大事だ、
と説いています。


 暑い夏はもしベクでもよんで人類のサイエンスの歴史に思いを馳せましょう!

 フィリップKディックの”追憶売ります”が原作の、僕のSF映画評ベスト3に入る
”トータルリコール”のリメイク新作が8月10日に公開。
 もう寝られません。
ブレードランナーを崇拝している人が多いですが、僕の中では、ブレランは映像美は
深いがフィロソフィー的にはトータルリコールの方が激勝ちです。
 イギリスの大学教授が書いた「哲学の冒険」っていうSF映画を見ながら哲学を考える、っていう最高に面白い本の中でも、バーホーベン監督とシュワルツェネッガーのコンビのトータルリコールが絶賛されてます。
トータルリコールから自分とはなにか?っていう主体がわかり、ブレードランナーから死とはなにか、ハイデガーの存在と時間(ザイン ウント ツァイト)がわかる。
とあります。

 記憶が入れ替えられて別人格にされたシュワちゃんが「元のオレにもどしてくれ!オレはダグラス・クエイドなんだ!」という一言に、コーヘイゲン長官の「お前は誰でもない!」
っていうところにプラトン以来、それを換骨奪胎してきた西洋の哲学の結論がある。

 ただ前作は、映像表現に難があり、フィリップKディック作品を崇拝し、とくにブレランを崇拝しているニャジラ赤軍(大学時代に映画監督を目指していた)はボロクソ。
 ビルの解体現場みたいなところで削岩機で工事するシュワちゃん、近未来なのにふつうに日雇い風の格好で削岩機も今のやつと同じ。しかも後ろの重機とかユンボーがそのまま。東京でもこんな工事しているところない。全然未来やないで!!!
 モニターも全部ブラウン管。ダサすぎる。
 家のリビングで3次元のホログラフィーでテニスの練習をするシーン、装置がオシロスコープのまんま、とか。

 い〜んだよ!シャロンストーン大好きだし!細かいこと言うな!
想像力で補え!!!
 フィロソフィーを感じろ!!!
哲学の冒険の中でも「バーホーベン監督の過激な映像表現、エスカレーターの銃撃戦で死体を楯にするシーンとか、リクターことマイケル・アイアンサイドの手がちぎれるシーンで、評論家たちはこの映画にクレームを付けまくったが、この映画の表現の中にある哲学的内容からすると映像なんて言うのはどうでもいいことで、あいつらは何もわかっちゃいない馬鹿ばかりだ。」と痛快に喝破してくれました。
 ネットの映画評論でも星が一個とかで「夢のシーンと現実のシーンが入り乱れて難解」
とか「ストーリーが複雑でよくわからない」っていうのばっかりであきれた。
 しがない労働者が、有り金をはたいて、火星での極秘作戦の諜報部員になって大活躍し、美女を手に入れて、実際には植物人間になって夢から帰れなくなって、最後にその夢も白くなって終わる、っていう悲しい話だってわからね〜かな。
 リコール社にいってからが全部夢なんだよ。

 おれにはその気持ちがわかる。おれもリコール社に行きたい。
現実はすべて夢だったのだ。映画マトリクスに通じるものがある。

 荘子的には、現実か夢か、そのどちらでもよい(胡蝶の夢)です。
ということで炎天下に自転車でツールド真鶴を激走。
 ソレント半島、アマルフィのポジターノ!っていう感じ。シチリア的でもある.


 まじで暑すぎる。
これだけインフラが整った現代で
室内で熱中症になる人っていうのがよくわからん。動物としてのセンサーが
退化しすぎている。野生動物なら即死の世界ですよ。

 ホームの琴ヶ浜で泳ぎます。
最近マナーが悪い香具師らが多くて困る。


琴ヶ浜でウミウシ探索をしました。アオウミウシが一匹だけ(泣)。
タコと死闘しました。イタリア語でタコはポルポ!手強いです。
その間にニーソーの水中防水デジカメが浸水して死にました(泣)。
こないだ修理したばっかなのに!!!!(怒)


真鶴の旧道(貧乏坂)も制覇。
上り坂で前夜見たツールドフランス並みにアタックしまくり、
自爆しました。暑さで体中の体液が出た。

 梅宮アンナ家の別荘も定番です。以前湯河原のスーパーで見かけた。
岩の小さなスーパーとかでも、夏の駐車場には
ポルシェとかフェラーリ、ベントレーが止まっています。

  海辺の漁協直営店で刺身をいただきました。めっちゃ新鮮。
都内でセレブっちゅうてぼったくりの高い店で食べている”グルメ”なんてしょうもない。


家でイタリアンを作りまくっています。
料理教室やりたい。


 週末はVIPの接待です。
超有名大女優の方とプライベートなディナーで今から緊張しています。
来週から仕事だ。
 本の原稿3冊分もやらなくては(T-T)。

 
 ガスマスクマンの化学  暑気ばらいにどーぞ!
夏休みはこれだね!!!



 




 





 
 



 
Comment:
2012/08/21 3:55 PM, らいおん wrote:
先生お久しぶりです!覚えてるかな・・・
いつの日かリヨン駅のお話をしたらいおんです。

二次に化学が必要なくなりました・・・
また会いに行きます(^^)
2012/09/03 1:28 AM, 大宮王子 wrote:
>らいおん様
 覚えていますよ!いつぞやは素敵なプレゼントありがとうございました!
 センターの化学!?
頑張ってください!
 大学生になったらリヨンからプロヴァンスへ旅して下さい!リヨンの街も楽しそう!
 なんかあったら質問来て下さいな。
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.