DEROSAニューマシン!
  イタリアの高級ロードバイク DEROSAデローザが
上野のデローザの老舗、
横尾双輪館さまにて完成、ひきとりにいってきました!
 横尾社長はイタリアにウーゴデローザ師に会いにいって不在でいらっしゃいました。
ご子息の横尾さまにばっちり整備していただきました。

 デローザ貯金100万円を握りしめて買いに行った甲斐があった!!!
初めて対面して、ちょう〜カッコいい!!!
 フルカーボンなんで、軽すぎて片手で肩の上まで簡単に持ち上がります。
予備校のテキスト2冊分くらい。(マジで)

炭素繊維こそまさに化学が生み出した最高の素材です。
「化学、それは最高に素晴らしい知性と技術の寵児!」
(シリル・ノーマン・ヒンシェルウッド 1956年ノーベル化学賞受賞)


 自転車一台の値段でクルマが買えます(笑)。

 DEROSAのR848のフレームだけつかうという裏技、横尾双輪館さまのスペチアーレ(スペシャルのイタリア語)なモデルです。

 ホイールはカーボンのカンパニョーロ バレット・ウルトラ カルト にしました。
ホイールだけで20マソ円です(笑)。
 抱いて寝ました
カーボンで軽量です。ダルマ自転車にもつけたい。
 

 恒例の名古屋〜金沢とか200kmブルベで雨が降っても
効くように、リムがアルミのバレットにしました。
 ボーラ・ウルトラだとフルカーボンなので雨の日効かないし、チューブラータイヤだし。
雨の日効かないと、御母衣ダムの滝のようになる狭いトンネルの下り坂とかで一瞬で死ねます。

 G3ホイール、スポーク3本ずつのうち2本がより力がかかるスプロケットとか
ギアのチェーン側で、
スポークのテンションのかかりも違います。
 つまびくとヴァイオリンの弦のようにスプロケ側と反対側で音が違う。
まさにストラディバリウス!!!

 カーボンファイバーの縫い目、織り目が美しい。
 最新の”カルト”テクノロジー、ハブが真球のセラミックボールベアリングで回転抵抗が0に近い。このロゴが入るだけで4マソ円高い(泣)。

 19世紀の自転車、ダルマ自転車”オーディナリー型”から炭素繊維でできたデローザへの人類の歩んできたテクノロジーが
うちにすべて展示されています。


 ニャジラが暑さでだらけまくって終わっています。
ニャジラもロード乗りの前傾姿勢。

 大井埠頭にシェイクダウンにいきました。
友人の外資系金融マソもバレットウルトラにしてました。
 
 ロータリー兄弟ならぬ、バレット兄弟です。
ハンドリングがハンパねえ!フルカーボンのフレームのシャープさ。
カミソリとか、堺の包丁のスパッというダイレクトなシャープさ!!
アルミのデローザと違いすぎる!!!
 ミニバンとレース用のフェラーリの違いくらい!

1周9kmを7周。
日曜日に本気組ばかりです。
 みんな100万円台の自転車ばっかり。
羽田空港の飛行機が急上昇していく下、コンテナ埠頭の巨大な道路を
つないで周回。
 

 DEROSAにはカンパニョーロが似合う!
ランボルギーニ ミウラ とかカウンタックのホイールも作っていた会社です。
 

 苦しいときに下を向くと、横尾スペチアーレ特別仕様のDEROSAのロゴが
士気を高めてくれます。
 ミラノでデローザの自転車を15歳から60年作り続けてきた
ウーゴ・デローザ師のスピリッツを浴びれます。
 時速35km巡航も苦じゃないです。

 8月にK塾の講師チャリ会合宿で乗鞍に行くかもしれないんで
鍛えまくらなければ。

 とりあえず、今週末、チーム”お〜やただし”でジロ・ディ・小田原に行ってきます。




 どM系 MKR848って感じです。
 自転車 エンド ザ シティ な生活です(泣)




 
Comment:
2012/06/19 9:05 PM, 千種のじゅくせい wrote:
先生こんにちは!
英語の例文で
ものすごく大きな圧力をかけると炭素はダイヤモンドになる
ってあったんですがほんとですか!?
ってことはシャーシンにむっちゃ圧力かけるとダイヤモンドになるんですか?
変な質問すいません(;´・ω・)
2012/06/19 10:37 PM, xtc850-2 wrote:
浜松校で、wiggleを教えてもらったMTB乗りです!
100万のデローザ・ピナレロ 僕の夢です(笑)
やはり、ロードはマウンテンと比べて高いですね(~_~;)
上にキリがない(笑)
僕、車、スポーツサイクル、音楽(オーディオ・ピアノ)が趣味です。
先生と共通するところが多いので、またお話したいと思います。

気になったのですが・・・
ビートルの固定の仕方、凄いですね(笑)ワイルドの極みですか!
いくら6kgの軽量マシンといえども、不安になりませんか?

2012/06/27 1:06 AM, 大宮王子 wrote:
>千種のじゅくせいさま
 理論的には高温高圧で同素体のダイヤモンドに変化しますが、現実的ではありません。
 そこで、金属を溶媒とした特殊な高温高圧装置で作ることができます。現代ではCVD法という、高温高圧でメタンガスから脱水素をしながら炭素を積層してダイヤモンドを薄膜に作る技術などが主流です。

>xtc850-2さま
 オーディオはバングアンドオルフセンとかゴールドムントが好きです(笑)。
 ビーカブのラックはちゃんとしていて市販品ですから安心です。
 フェラーリのエンジンルーム上に固定の方が危険です(泣)。
2012/07/10 11:07 PM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2014/09/10 1:01 PM, 浜松校じゅくせい wrote:
デローザかっこよすぎです。
将来ピナレロのドグマで先生と一緒に走れたらと思います。
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.